[ZOIDS HMM 1/72] WING LIGER ZERO GIA シャルベルフリューゲル CUSTOM: PHOTO REVIEW, Info

1[ZOIDS HMM 1/72]

WING LIGER ZERO GIA シャルベルフリューゲル CUSTOM:

PHOTO REVIEW, Info

HMM ライガーゼロ GIA″シャルベルフリューゲル″装備
Work by こてつ さん

ウィング ライガーゼロ カスタム改め、ライガーゼロ GIA″シャルベルフリューゲル″装備です。
フォンタナさん主催のライガーゼロ・コレクティング用に製作。
ゾイドとガンダムで同じ名前を持つ者同士組み合わせたらカッコイイだろうなぁ。と言う妄想から
生まれた機体なので特に設定は無かったのですが、後付けでゾイド的設定も考えました。
装備名称のシャルベルフリューゲルは、有翼の獅子シャルベーシャと翼の独語フリューゲルから韻を踏んで作った造語です。

以下、ゾイド的設定です。
・ライガーゼロ GIA″シャルベルフリューゲル″装備
「GIA(通称ギア)」とはGadget Instnt Armsの頭文字を取った簡易式各領域対応型武装群の事を言う。(出たよ、適当英語…) ライガーゼロのCASの中で、最も汎用性が有り拡張機能に余裕が有るゼロアーマー専用に開発された追加装備である。
ZAC2100年代、共和国軍主力ゾイドであったライガーゼロはCAS換装用の輸送ゾイド「ホバーカーゴ」と共に運用された為、ホバーカーゴの入れない狭所や高所には戦線投入に遅れが生じる事が有った。
ゼロの個体数の少なさもあり、効率良く運用する為にはゼロ単体が前線に急行出来る仕組みが必要だった。
消耗・消費を極力抑え長距離巡行を可能とし、目的地までの障害を取り除いた後、速やかに不要装備捨てるプランとして発案されたのがGIAである。
第1弾として、ゼロに飛行能力を与える″シャルベルフリューゲル″が試作されたが、この装備は元々地上用のゼロのコアには負担が大きく、20分前後しか飛行できない。(画像9 もう疲れちゃってます。)
また、一度パージするとホバーカーゴ内でしか装備する事が出来ないので、状況によっては”鉄砲玉”に成りかねなかった。
当初の計画より明らかに掛け離れてはいたが、貴重な航空戦力を輸送機代わりにするよりは効率的と判断され、前向きな生産化が検討された。
しかしその直後、分離・合体が常に可能なブロックスゾイド「フェニックス」によるB-CASと言う全く新しい概念が登場した為、生産計画は白紙となった。
因みにコウモリの羽根を模したステルス装備や、使い捨てミサイルコンテナ、防塵マント、ドラゴン型の作業アームなどがGIAのラインナップに在ったとか、無かったとか…。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Questa voce è stata pubblicata in KOTOBUKIYA, PLASTIC KIT, ZOIDS. Contrassegna il permalink.

I commenti sono chiusi.