HG 1/144 GUNDAM FSD [Full-Scale Development] on Display @ Gundam Docks at Tokyo: Images

HG 1/144 GUNDAM FSD [Full-Scale Development]

on Display @ Gundam Docks at Tokyo: Images

ガンダムベース東京にて参考出品。 HG ガンダム FSD
ガンダムFSD
『ククルス・ドアンの島』に登場。
ジムタイプとは別系統で計画された、RX-78自体の量産化を目的とした試作機。
「FSD」は「Full-Scale Development(全規模開発)」の略。局地型ガンダムとパーツを共用しつつ、基本性能と生産性の向上を達成している。外見も局地型ガンダムに似ているが、胸部インテークなど独自色の強い部分もある。
ランドセルは局地型ガンダムのロールアウト時および北米仕様と同型だが、左背のショルダー・キャノンは携行武装のマウントラッチに変更されている。
武装は、小型ビーム・ガンにロングバレルとスコープを組み合わせた試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル、フォアグリップ部分をドラム型エネルギーCAPに換装したビーム・ライフル、ランドセル右側のビーム・サーベル、右腰のマガジンからベルト給弾される右前腕のガトリングガン、局地型ガンダムと同型の小型シールド、新規格の折りたたみ式大型シールド。