GBWC 2017 JAPAN RESULT: Big Size Images, Info

GBWC 2017 JAPAN RESULT:

Big Size Images, Info

Open Course Champion

Title: RX-78GP03 DENDROBIUM

Builder: 下田重工業

ガンダムの世界観からの逸脱やケレンミ溢れるミキシング大型装備だけがアイデアやオリジナリティではないはず!ガンダムの世界観を大事にすることも日本らしさと考え、アイデア/オリジナリティとの両立を目指し、最大級のガンプラであるデンドロビウムを50cm角のカットモデルとして制作しました。こういうアイデアもありではないでしょうか?

Open Course 2nd Place

Title: 神の一撃 ~アマテラスの加護を背に~

Builder: 横田ユースケ

オロチにアマテラスの加護を受けたスサノオが斬りかかる。ベースはクリスタルレジンで、LEDを仕込んで溶岩がじわっと強弱を繰り返し発光。首は約100個、3種のパーツで構成されており、それを筋肉繊維を意識したモールドを施したパテでつなぎ関節を表現。頭部と背中にはクラック塗装を施し、大蛇の皮膚を表現しています。

Open Course 3rd Place

Title: ザクレロビー&ダークマター(秋雨)

Builder: モッチー

“秋雨と虫をスケールを気にせずフォーメーションアート的に。透明アクリル板2枚と鏡面板で立体的雨波紋再現。脊椎模型と流木でザクレロ蜂大小の巣を再現。超透明シリコンコーキングでエストレアアルビノの水しぶきの造形。ダークマターは残像表現。ガンプラのみ使用。リアルフレイム塗装。タークマターくんといっしょにアイデア考察”

Questa voce è stata pubblicata in BANDAI, GBWC 2017, GUNDAM, GUNPLAS. Contrassegna il permalink.

I commenti sono chiusi.